歯周病治療

歯周病を放置していませんか?

「歯周病」と最近よく耳にするという方はいらっしゃるのではないでしょうか? “よくある病気”と思われるかもしれませんが、その実態は皆様が想像している以上に深刻なものです。

歯周病はなぜ起きる?

歯周病は、虫歯と同様に細菌によって感染する病気です。お口の中に棲む歯周病菌が毒素を出して歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を破壊し、最悪の場合は歯が抜け落ちます。

なお、歯周病を引き起こす歯周病菌は歯垢や歯石に棲みついています。歯周病予防には歯垢や歯石を除去する、というのはそのためなのです。

そのほかの原因

細菌以外にも「歯への物理的な負担」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」なども複合的に関与し、歯周病を発症・進行させることがわかってきています。

歯ぐきの腫れや出血などが歯周病のサイン。気になる症状が現れたらなるべく早めにご相談ください。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病の影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌が血液を介して全身に運ばれることにより、以下のようなトラブルを起こすとされています。

糖尿病・心疾患・肺疾患・早産(低体重児出産)など

日本人の成人の約8割が歯周病になっている、もしくはその予備軍といわれている昨今。場合によっては死に至る病気の引き金になる可能性もあるため、歯周病を軽く考えずに、口腔内の健康状態には常に気を配るようにしましょう。

歯周病の検査

歯周病は進行段階により治療法が異なります。当院では最適な治療をご提供するために、以下のような方法で歯周病の進行段階を調べています。

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

当院の歯周病治療

歯周病の進行段階と治療法

歯周病はプラークに潜む歯周病菌が歯周組織に感染し、炎症を起こします。歯周病にかかるとまず歯ぐきに炎症が起こる「歯肉炎」が発生し、病状が進むと歯肉だけでなく顎の骨などの組織まで破壊される「歯周炎」になります。重症になると顎の骨が溶けて歯がグラグラになり、最終的には歯が抜けてしまうのです。

※クリックすると各症状の詳細が表示されます。

歯肉炎

歯の根元にたまったプラークが歯石として固まってこびり付き、歯ぐきが腫れたりブラッシング時に出血したりします。まだ歯ぐきに炎症が起こっているだけなので、この段階で適切な処置を受ければ健康な状態を取り戻せます。

【処置・治療法】

ブラッシング指導

初期の歯周病であれば、適切なブラッシング方法を身に付けることで、治癒が期待できます。お口の状態に合わせて歯ブラシをお選びし、正しいブラッシング方法を指導します。

スケーリング

歯の表面にこびり付いたプラークや歯石を特殊な器具(スケーラー)を使って取り除く処置です。ブラッシングでは取りきれない汚れを徹底的にクリーニングします。治療後には「歯と歯ぐきの間に隙間ができた」「歯が長くなった気がする」とおっしゃる方もいますが、一週間もすると元に戻りますので、ご心配はいりません。

スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着した歯垢や歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いた歯垢や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。
レーザー治療
歯科用のレーザーを患部に照射し、歯ぐきの腫れ・出血などの症状を改善させます。また、レーザーにより細菌数の減少や傷付いた組織の再生、歯垢や歯石の再付着予防といった効果も期待できます。

歯周病にならないためには予防することが大切です。