しんとりで歯科のインプラント

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工歯を取り付けることで、失った歯を補う治療です。
外科手術をともなうため、専門の技術が必要です。また、使用する材料選びは、術後の機能回復にも影響します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療は外科手術であること、自費診療のため治療費が高額、治療に長期間かかる、といったデメリットがあります。

入れ歯やブリッジはインプラントと比べ、外科手術が不要で、保険適用のものもありますが、目立ちやすい・健康な歯への負担がかかってしまう等のデメリットもあります。

しかし、インプラントは入れ歯やブリッジでは補えない噛みやすさや審美性の高さがあります。

インプラントのメリット

  • 周囲の健康な歯に負担がかからない
  • 見た目が自然で他の歯と変わらない
  • 違和感が少ない
  • しっかり噛める

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

インプラント入れ歯ブリッジ
手術不要不要
審美性
(素材による)

(素材による)
噛みやすさ×
違和感少ない多少あり多少あり
周囲の歯
への影響
なし多少ありあり
治療期間長い短い短い
保険適用×
(素材による)

(素材による)

当院のインプラント治療の特徴

しんとりで歯科では、インプラント専門の歯科医師を招いて治療をおこないます。また、外科手術になるため、リラックスして手術を受けていただけるよう配慮しています。

局所麻酔のほか、鎮静剤や向精神薬を用いた「静脈内鎮静法」で、緊張状態を緩和させることができます。「痛みをほとんど覚えていない」「気づいたら治療が終わっていた」という状態も可能になります。