入れ歯・インプラント

歯を失ってもあきらめないで

何らかの理由によって歯を失った場合、現在では、失った歯を補う「補綴(ほてつ)治療」に「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ(※)」があり、これらの治療を行うことで再び咬む機能を取り戻すことができます。
※横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

失った歯は放置せずに補いましょう

歯というものは全体のバランスが大切。たった1本の歯でも欠損してしまうと、全体のバランスが崩れ口腔内全体や全身に悪影響を及ぼしてしまうおそれがあります。

機能面での悪影響
  • 抜けた歯と咬み合っていた歯が徐々に伸びてきてしまう
  • 抜けた歯と隣り合っていた歯が傾いてくる
  • 咬み合わせが悪くなり、虫歯や歯周病、顎関節症(※)になりやすくなる
審美面での悪影響
  • 見た目が悪くなる
  • 歯ぐきが痩せ、位置も下がってくる(歯が長くなったように見える)
  • 頬、顎、口元のラインが変わってくる
生活面での悪影響
  • 十分に食べものを咬めないまま飲み込むため、胃腸に負担がかかる
  • 発声がしにくくなる
  • 咬む刺激が脳に伝わらず、脳が活性化されにくくなる

※「口が開かない」「顎が鳴る」といった顎周辺に起こる症状の総称です。

補綴(ほてつ)治療のメリットとデメリット

インプラント・入れ歯・ブリッジにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、よく吟味したうえで最適な方法を選択しましょう。

  インプラント
入れ歯
ブリッジ
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 使用時の違和感が少ない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の健康な歯に負担がかからない
  • 治療費が安価(保険が適用されない入れ歯でもインプラントより安価に済む)
  • 手術をする必要がない
  • 治療が比較的短期間で終わる
  • 健康な歯を削る必要がほとんどない
  • 比較的見た目が美しい
  • 保険適用のものは安価
  • 手術をする必要がない
  • 治療が比較的短期間で終わる
デメリット
  • 手術をする必要がある
  • 治療期間が長期間にわたる
  • 保険が適用されないため、治療費が高額
  • 保険適用の入れ歯だと見た目がよくなく、使用時に違和感が出やすい
  • 味覚が鈍ることがある
  • 使用中にずれたり外れたりすることがある
  • 部分入れ歯の場合、固定の金具で健康な歯に負担がかかることがある
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えにする歯に負担がかかる
  • 歯みがきがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい

インプラントってどんな治療?

インプラント治療では、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付けることで咬む機能を回復させます。人工歯根がしっかり骨に固定されるため、天然の歯と同様にしっかり咬むことができ、見た目も自然です。

ただし、手術を伴い治療期間も長くかかり、治療を受けられるケースが限られることもあります。また、保険が適用されないため治療費は高額になってしまいます。しかし、その分得られる機能や見た目の美しさは、入れ歯・ブリッジとは一線を画すほど優れています。

しんとりで歯科のインプラントの特徴

インプラント治療には手術がともなうため、安全性について心配される方は少なくありません。当院では安心・安全な手術を行うため、外部からインプラント専門のドクターを招いて手術を行っております。

また、「手術」と聞いて不安から緊張される方も少なくありません。当院では、痛みを麻痺させる局所麻酔のほかに、治療に対して不安を抱いている患者様に対して、「静脈内鎮静法」を用いて手術に臨んでいます。静脈内鎮静法とは、鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入することで、緊張状態を緩和させる方法です。不安や恐怖を覚えることなくリラックスして治療に臨め、痛みをほとんど覚えていないだけでなく、「気付いたら治療を終えていた」といったことも可能になります。

一般的な補綴(ほてつ)治療「入れ歯」

入れ歯は補綴治療の中でもっとも一般的な方法です。しかし、一言で入れ歯といっても、その種類は様々。これまでは、「見た目に違和感がある」「痛い」「ずれる」といった難点がある入れ歯が多くありましたが、最近では、見た目が美しく使用感のよいものも数多く出てきました。当院では、患者様一人ひとりに合わせた最適な入れ歯のご提供が可能ですので、お気軽にご相談ください。

当院の取り扱い入れ歯
マグネットデンチャー
磁石の力で固定する入れ歯です。強力な磁力でぴったり固定されるためしっかり咬めます。また、シンプルな構造なので脱着も簡単で、お手入れも楽にできるというメリットもあります。
金属床義歯
歯ぐきに当たる部分が金属でできている入れ歯です。金属性ゆえに薄く・丈夫であり、飲食物の温度も伝わりやすいため食事を十分楽しむことができます。